第33回
ハンセン病コ・メディカル
学術集会Leprosy co-medical academic meeting

~楽しいをずっと 喜びをもっと そしてこころ豊かに~

次回会長あいさつ青木 美憲(国立療養所邑久光明園 園長)

来年の第34回ハンセン病コ・メディカル学術集会は邑久光明園が担当させて頂く予定です。会期は2022年11月25日(金)・26日(土)の2日間で、会場は岡山駅近くの「ピュアリティまきび」を予定しています。全国13施設の入所者は1000人を切り、平均年齢も87歳と高齢化していますが、入所者様が一日一日を心豊かにお過しになるには、私たちの日ごろのケアと人権に配慮した施設運営が特に重要であることは言うまでもありません。これから1年間の取り組みの成果を持ち寄り、入所者様へのよりよいケアをめざしてお互いに切磋琢磨していく機会になればと願っています。来年は3年ぶりの会場開催(の予定)ですので、皆さまにお目にかかれますことを光明園スタッフ一同楽しみにしています